単体より一緒がいい、アントラージュ効果について

単体より一緒がいい、アントラージュ効果について

CBDが良い、その情報はある意味正しいですがそれをそのままに受け取るのは辞めた方が良いのかもしれません。

何しろCBD単一の製品だと、マイルドで初心者のCBD製品導入編としては最適です。でもある時から全然効かなくなるのです。

CBDの量と効果をグラフに表した場合、正比例で真っすぐ上に伸びていってくれればいいものの、なぜか釣り鐘の形となってしまうわけです。

効能の限界を突破するにはどうすれば良いか、アトラージュ効果を利用するのです。アトラージュとは「取り巻き」という意味、CBD以外のカンナビノイド類100種類以上あるのですからその中のどれかを加えても良いでしょう。

テルペン類にフラボノイド類など、取り巻きを増やすことで相乗効果が生まれて単一で使用するよりも大きな効果が発揮されるのです。

取り合えず何でも良いとも言い切れません。

何しろカンナビノイドの中にはあのTHCもあり、海外だと普通に入ったものも多く出回っていますが、日本では違法となってしまう可能性も高いのです。

おすすめはテルペン類、これらが最もCBDならではの良さを高めてくれるのです。

植物の良い香りの元でもあるテルペン、香りが気持ちをリフレッシュさせてくれることは誰もが知っているはずです。

アロマテラピーでお馴染みのモノテルペン、抗がん剤としての力を発揮するジテルペン、薬理効果の特に高いセスキテルペンなどがその代表選手です。

カンナビノイド類がすべて入ったものをフルスペクトラム系と言います。

それだとTHCも入っている可能性が高く怖いというなら、せめてCBD+テルペンを選んだらどうでしょう。

より高い健康増進効果あり、途中で効き目が無くなってなんてこともありません。

ちなみに、CBD単一の製品でそういった事態が起こった場合にはしばらく使用をストップしていればまた効果が得られるようになります。

使用量を増やしていっても意味は無し、むしろ消費が早くなり家計に響くこととなります。

CBDの良さを知りたいから単一でというのは誤ったやり方、試して見れば違いは一目瞭然です。

成分の種類が増えるとどうしても価格は上がる傾向にあるものの、プラスウィードのようにお手頃価格の安全性の高いフルスペクトラム系だって探せばあるのです。

メリットとリキッドのメリットを比較

CBDグミのメリットとリキッドのメリット

ドンキホーテなどにて手に入るCBDグミとリキッド、世界的にCBD製品が話題となっているだけに試してみたいと思われているでしょうがどちらがよりおすすめなのでしょう。

CBDとしての効果が得られるのは確か、後は使う場所によってお勧め度は違ってきます。

せっかく買うなら十分に効果を得たい、それならリキッドです。

経口摂取の方が良さそうに思えるかもしれませんが、身体に吸収されるよりもそのまま排泄されてしまう量が多い・例えばCBDオイルなら生体利用効率はたったの15パーセント、一方で見た目は同じでも気化させて摂取するリキッドタイプは最大で60パーセントにもなるのです。

お菓子のグミにそっくり、CBDグミは楽しんでCBDの成分を摂取することが出来る製品です。

それはリキッドだって同じ、ベリー系・キャラメル味などフレーバーの種類は多種多様です。

香りを嗅いでいるだけだと満足できず何か食べたくなってしまうという方ならグミ、日ごろからアロマオイルなどの香りの癒しを好む方の場合はリキッドが合っているのかもしれません。

経口摂取だと効果が表れるまでに1時間から2時間、でもリキッドならば直接肺に届くので即効性があります。

今すぐリラックス効果が得たいという方にはリキッドがピッタリです。

仕事の休憩時間を利用して摂取したいという方、職場の喫煙スペースはどのくらい整備されていますか。

見た目は何しろタバコを吸っているようにしか見えないCBDリキッド、オフィスの椅子に座ったままというわけにはとてもいかないのです。

良い香りも人によっては苦痛な場合も、気化されるので少量でも広くしっかりと香ります。

喫煙スペースにて使用することで、周りの本物のタバコの喫煙者からの副流煙を吸い込むこととなったりあの特有の香りが邪魔するのならばゆったりとくつろげるとは言えず、むしろ健康被害を受けてしまいます。

自宅で楽しむ場合にリキッドを、職場にはCBDグミを持ってきてと使い分けした方が良いかもしれません。

オフィスの引き出しに入れておいて休憩がてらにグミを食べたところで、周りから白い目で見られるようなことは無いでしょう。

CBDグミ、個人輸入は避けるべし!

CBDグミ、個人輸入は避けるべし!

健康増進効果を持つCBDグミ、ですからサプリメント同様に日々摂取を続けた方が良さそうです。

だからこそ少しでも安く手に入れたいという気持ちは分かります。

ただ、中間マージンを節約しようと個人輸入を選ぶのは止めておきましょう。

安さ以上に信頼性を基準に選ばないと大変なことになります。

個人輸入で注文した場合、正規の品が届かない確率はかなり高いです。

世界で注目を集めているCBD、悪徳業者が多数存在します。

CBDグミという名でありながらCBDが入っていない・ほんの僅かという製品を摂取したところで、効果が得られるわけもありません。

それだけならまだしも、安価だけれども危険な成分が不足を補うためにと入っていることが多いのです。

そんなものを毎日のように摂取していたら健康被害を受けてしまいます。

アメリカなどでCBD製品を使用したがゆえに副作用を受けたといった報告例が多数あがっていますが、これも劣悪な製品だったというのが真相のようです。

結局は医療費がたくさんかかってしまうのならば意味がありません。

更にはTHCが入っていることも、違法薬物に指定される成分・日本では違法です。

気が付かなくて取り寄せてしまったと言っても言い訳が通用しないことも、最悪逮捕されてしまいます。

もしも逮捕歴が付いたら、人生を棒に振る結果となるかもしれず恐ろしいことです。

違法薬物に危険な成分、そんなものが日本に入ってこないようにせき止める役割を持つのが税関です。

優秀なる日本の税関、中身と外のラベルが違っていたりといった違法だって見逃しません。

危険な製品だったら注文してお金を払っても商品そのものが自宅に届かないこともあり、ですから安上がりどころかお金を丸々損してしまうというわけです。

日本の税関では、CBDグミの中身が本当に日本の安全基準に達した信頼できるものかどうかを確認するために、何枚もの書類の提出を言ってきます。

たった一人の日本人のためにそんな面倒な作業をやって届けてやろうという奇特な業者もいない、大抵は税関で止められて終わりなので手を出さない方が無難です。

日本の税関のお仕事

日本の税関のお仕事

日本は麻薬禁止国、使用するだけでなく所持・譲渡や栽培も許されません。

でも世界には普通に使用している国もあり、どこかの国で育てられたヘンプを利用してCBDグミだって作られているわけです。

CBDは安全、むしろ健康効果が抜群です。

ですが同じくヘンプを原材料とするTHCは違法なのです。

それを日本に入れないよう頑張っているのが税関というわけです。

特に非正規品・個人輸入で入ってくるものは必ず一度は止められるものと思っておいて良いでしょう。

何しろTHCを始めとする様々な危険な成分が混入している可能性が高すぎる、入っていないことを証明するために必要とされる書類を複数枚提出しなければならないのですが、その書類さえ不十分だったりするので手続きに時間はかかって当然です。

時間がかかりすぎることを気にして「まあ大丈夫だろう」で入れていてはダメで、徹底的に安全かどうかを調べ上げないとならないのです。

個人輸入の方が安くCBDグミが手に入るだろうと購入方法として選ぶ方もいるかもしれませんが、かなりの時間を要することは覚悟しておいた方が良さそうです。

それでも綺麗な状態で届けばラッキー、中身の確認検査のために勝手に開封されていることはよくあります。

また、税関で止められてしまって結局は購入者の手元まで届かずに終わるということもよくあるのです。

それよりは大手の代理店からの購入の方が安心、必要な書類をきちんと提出してちゃんと日本に届きます。

購入者がいることを見越して事前に大量に日本に輸入しているので、注文してすぐに商品は届けられるでしょう。

何らかの不備があった場合も交換作業だってスピーディーです。

もちろん商品そのものの信頼性も抜群、ヘンプの栽培場所までこだわって育てられており加工の段階で危険な成分が入ってくる隙も与えません。

日本の税関では時に正規品であり安全証明が済んだのちも税関で1ヶ月近く止められてといった場合もあり、そこまで厳しくしなくともと思われるかもしれないですがだからこそ日本の安全は守られているのです。

CBDグミをもしも過剰摂取してしまったら

CBDグミをもしも過剰摂取してしまったら?

ここ最近日本に入ってきたばかり、未知の存在であるCBD製品ですから過剰摂取してしまったらどうなるのだろうと不安に思っている方もいるかもしれません。

敢えてする気はなくとも、人の記憶力というのはあいまいなので摂取したことを忘れてもう一度なんてことはやってしまいがちです。

リキッドの量がどれだけ減ったか毎度記録している方も、グミが全部で何個入っているかを事前に数えている方だっていないはずですから、2回同じような時間に摂取してしまって気が付かないということもあるでしょう。

薬だと最近は「朝昼晩」とか記載されていて、持って帰った袋の処方箋を見るだけでもある程度の個数は把握できるというもの、一方でCBD製品はサプリメント的な存在です。

同じようなコーナーで売られているサプリメントであればそれほど過剰な反応はしないという方も、だってCBD製品の原材料はヘンプ・なので中毒になったら・トリップしてしまったらといった不安もあり、より用法用量を守って正しく恐る恐る使用していたりするのです。

でも結構適当に扱っても良い存在です。

何しろ普段の100倍以上とか過剰摂取しても問題ないのです。

最大で1280mg毎日1ヶ月ほど服用を続けたところで副作用の心配なし、そんな研究データさえあるほどです。

1000㎎以上、かなり無理してCBD製品を買うのにお金をつぎ込み限界を超えて摂取したところで大丈夫ということです。

とは言え、命に関わるような危険な副作用が無いというだけで気分が悪くなることとかはあります。

それにそもそも、CBDグミにしても普通のグミの価格じゃあないでしょう。

そんなのを毎日あほみたいに摂取していたら、健康以前に家計に害を成すこととなります。

なのでやっぱり用法用量を守って正しくというのがおすすめです。

それではどれくらいが適量なのか、それはメーカーによって違います。

それにメーカーの推奨量にしたところで幅広く取られているのではないでしょうか。何しろ体質とか体形とか様々な要因で、適量には大きく差が出てくるものなのです。

なので、まずは少量から増やしていき自分で適量を探り当てるしかありません。
怖いからと正に微量ずつ増やす必要は無し、気分が悪くなったところで30分も横になっていれば収まります。