単体より一緒がいい、アントラージュ効果について

単体より一緒がいい、アントラージュ効果について

CBDが良い、その情報はある意味正しいですがそれをそのままに受け取るのは辞めた方が良いのかもしれません。

何しろCBD単一の製品だと、マイルドで初心者のCBD製品導入編としては最適です。でもある時から全然効かなくなるのです。

CBDの量と効果をグラフに表した場合、正比例で真っすぐ上に伸びていってくれればいいものの、なぜか釣り鐘の形となってしまうわけです。

効能の限界を突破するにはどうすれば良いか、アトラージュ効果を利用するのです。アトラージュとは「取り巻き」という意味、CBD以外のカンナビノイド類100種類以上あるのですからその中のどれかを加えても良いでしょう。

テルペン類にフラボノイド類など、取り巻きを増やすことで相乗効果が生まれて単一で使用するよりも大きな効果が発揮されるのです。

取り合えず何でも良いとも言い切れません。

何しろカンナビノイドの中にはあのTHCもあり、海外だと普通に入ったものも多く出回っていますが、日本では違法となってしまう可能性も高いのです。

おすすめはテルペン類、これらが最もCBDならではの良さを高めてくれるのです。

植物の良い香りの元でもあるテルペン、香りが気持ちをリフレッシュさせてくれることは誰もが知っているはずです。

アロマテラピーでお馴染みのモノテルペン、抗がん剤としての力を発揮するジテルペン、薬理効果の特に高いセスキテルペンなどがその代表選手です。

カンナビノイド類がすべて入ったものをフルスペクトラム系と言います。

それだとTHCも入っている可能性が高く怖いというなら、せめてCBD+テルペンを選んだらどうでしょう。

より高い健康増進効果あり、途中で効き目が無くなってなんてこともありません。

ちなみに、CBD単一の製品でそういった事態が起こった場合にはしばらく使用をストップしていればまた効果が得られるようになります。

使用量を増やしていっても意味は無し、むしろ消費が早くなり家計に響くこととなります。

CBDの良さを知りたいから単一でというのは誤ったやり方、試して見れば違いは一目瞭然です。

成分の種類が増えるとどうしても価格は上がる傾向にあるものの、プラスウィードのようにお手頃価格の安全性の高いフルスペクトラム系だって探せばあるのです。

メリットとリキッドのメリットを比較

CBDグミのメリットとリキッドのメリット

ドンキホーテなどにて手に入るCBDグミとリキッド、世界的にCBD製品が話題となっているだけに試してみたいと思われているでしょうがどちらがよりおすすめなのでしょう。

CBDとしての効果が得られるのは確か、後は使う場所によってお勧め度は違ってきます。

せっかく買うなら十分に効果を得たい、それならリキッドです。

経口摂取の方が良さそうに思えるかもしれませんが、身体に吸収されるよりもそのまま排泄されてしまう量が多い・例えばCBDオイルなら生体利用効率はたったの15パーセント、一方で見た目は同じでも気化させて摂取するリキッドタイプは最大で60パーセントにもなるのです。

お菓子のグミにそっくり、CBDグミは楽しんでCBDの成分を摂取することが出来る製品です。

それはリキッドだって同じ、ベリー系・キャラメル味などフレーバーの種類は多種多様です。

香りを嗅いでいるだけだと満足できず何か食べたくなってしまうという方ならグミ、日ごろからアロマオイルなどの香りの癒しを好む方の場合はリキッドが合っているのかもしれません。

経口摂取だと効果が表れるまでに1時間から2時間、でもリキッドならば直接肺に届くので即効性があります。

今すぐリラックス効果が得たいという方にはリキッドがピッタリです。

仕事の休憩時間を利用して摂取したいという方、職場の喫煙スペースはどのくらい整備されていますか。

見た目は何しろタバコを吸っているようにしか見えないCBDリキッド、オフィスの椅子に座ったままというわけにはとてもいかないのです。

良い香りも人によっては苦痛な場合も、気化されるので少量でも広くしっかりと香ります。

喫煙スペースにて使用することで、周りの本物のタバコの喫煙者からの副流煙を吸い込むこととなったりあの特有の香りが邪魔するのならばゆったりとくつろげるとは言えず、むしろ健康被害を受けてしまいます。

自宅で楽しむ場合にリキッドを、職場にはCBDグミを持ってきてと使い分けした方が良いかもしれません。

オフィスの引き出しに入れておいて休憩がてらにグミを食べたところで、周りから白い目で見られるようなことは無いでしょう。